特許事務所を選ぶポイント

1.経験豊富な弁理士がいる。

この世界はやはり経験がものをいいます。お客様の要望を権利に的確に反映できるよう、様々な分野で権利取得に導いてきた弁理士が在籍している事務所を選ぶことをお勧めします。
そのような弁理士であれば、お客様との対話の中で、より有益なアイデアを抽出し、強力な権利を取得するための経験とスキルを備えているはずです。

2.弁理士が直接応対する。

より良い仕事を心がける特許事務所は、担当する弁理士が自らお客様と面談をし、雑談を交えながらコミュニケーションを図ることで発明のバックグラウンドを理解し、より強い権利を取得するよう努めます。
反対に、お客様との面談や事務所訪問を好まず、メールでのやりとりを多用する事務所は、手続きが事務的であったり、返信メールに弁理士の署名があったとしても、実際は弁理士資格のない事務員が対応しているケースも見受けられますので、注意が必要です。

3.「白黒」はっきりと言える弁理士がいる。

特許事務所の中には、打合せや先行技術調査の段階で権利化が望めないと解っていても、受任したいがために、それをお客様には伝えず、強引に出願手続きを勧める事務所もあります。
当然ながら、そのような特許事務所は要注意です。「ダメ」なものは「ダメ」と理由を交えてはっきりと言える弁理士がいる特許事務所を選びましょう。

4.書類や事務員の対応がきっちりしている。

お客様の権利を維持管理するのも弁理士の大切な業務です。特に、出願から権利取得までに時間がかかる特許や、権利存続期間の長い特許・意匠は、当然、特許事務所とのつきあいも長くなます。送られてくる書類や、事務所訪問・電話応対時の事務員の対応がきっちりしているかについても厳しくチェックしましょう。

5.質の高い明細書を作成できる。

明細書はお客様の事業活動の武器となる大切な商品です。明細書の書き方によって、特許権が取得できるかどうかが大きく左右されてしまいます。特許法では、特許請求の範囲に記載された内容だけが侵害を防止する効果をもち、特許請求の範囲に記載された内容から少しでも外れていれば、原則、特許の侵害を主張できません。
また、単に発明の内容を保護するだけでなく、権利範囲を、その上位概念や下位概念に展開することで、権利範囲がより広くなり、侵害されにくい強い権利になります。
したがって、特許出願をする場合は、より強い権利を取得できる、質の高い明細書を書ける弁理士に依頼することをお勧めします。

6.先行技術調査で手を抜かない。

全ての事務所が調査をきちんとやってくれるとは限りません。なぜなら、特許の先行技術調査は非常に専門的で、多大な時間と労力を必要とするからです。しかし、先行技術調査をきちんとすればするほど、後の作業がスムーズになり、ストレートに登録される可能性も高くなります。その結果、中間処理にかかる時間と費用を大幅に軽減することができます。
したがって、時間と労力を惜しむことなく、きちんと調査をしてもらえるかどうかを最優先で特許事務所を選ぶべきでしょう。

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.