~「ジャポニカ学習帳」の立体商標登録から考える出願形態~

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 意匠法, 所長のつぶやき, 知財戦略 | Posted on 26-08-2014

少し前のニュースですが、このほどショウワノート株式会社の「ジャポニカ学習帳」が「ノート」では初めて立体商標として登録されたそうです。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/05/news126.html

「ジャポニカ学習帳」は、1970年から製造・販売されているとのこと。使ったことがないという方でも、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。私自身も使ったことがあるかは記憶にないのですが、確実に文房具店で見たことがあります。あのデザインは確かに個性的で記憶に残っていますよね。表紙のリアルで本格的な写真もインパクト大ですしね。

公報を見ますと、定期的に変更される写真の部分を除外した、「枠」のデザインでの登録のようですね。
*参考:商標登録第5639776号*
http://ogasa-pat.com/home/image/japo.pdf

ここで思うのが、「ノートのデザインに関するものなだから意匠登録じゃないの?」ということ。確かに、「デザイン」すなわち「意匠」といえば「意匠法」が頭に浮かびますよね。

しかしながら、意匠法で保護を受けるためには、先ず、新しいデザインであることが求められます。周知著名になっているデザインというのは、その時点で新しくなければならないという要件を満たしませんので、そのままでは意匠法では保護が受けられません。保護を受けるには、新たな創作的な要素を付加する必要があります。

一方、商標法は、商標に化体する(した)業務上の信用を保護する法律ですので、業務上の信用が化体しない識別力のない商標の登録は認めていません(商標法第3条第1項)。これに対して、自他商品等の識別力がない商標であっても、長年に亘って使用し続けていると識別力を有するようになることが経験的に分かっているので、商標法は、使用によって識別力を有するに至った商標については、例外的に登録を認めています(商標法第3条第2項)。

以前、こちらの「スーパーカブ、立体商標として登録へ」
http://ogasa-pat.com/?p=5578
の記事で、意匠登録出願をせずに公知になってしまったものの法的保護の価値がある形態については、商標法(立体商標)を戦略的に活用すべし、と述べたのは、意匠法で保護が受けられなくても、例えば、「ジャポニカ学習帳」のように、長年愛されて認知度が高くなり、そのデザインがショウワノート株式会社の製品であることを示すようになれば(識別力を獲得すれば)、商標登録が受けられるからです。この商標登録によって、競合他社は「ジャポニカ学習帳」に似たネーミングや似た表紙写真を使用していなくても、商標公報に記載された写真に類似した外観のノートは販売できなくなります。

商品のデザインだから「意匠」と決まってしまうものではありません。デザインが物品の機能に由来する場合、一般的には、特許法や実用新案法で保護を受けた方がベターです。特許法や実用新案法は、保護対象が技術的思想なので権利範囲にそもそも幅があり、物品の美的外観(見た目)を保護対象とするために権利範囲が狭くなりがちな意匠法と比べて、手厚い保護が受けられることが多いからです。また、商品等の形態が、自他商品等の識別力を獲得している場合には、不正競争防止法によって保護が受けられる場合もあります。

保護を受けようとする出願形態に迷ったら、先ずは、何を保護したいのかという点について考えて見ると良いと思います。デザイン自体の保護か、それとも業務上の信用の保護なのか、或いは、技術的思想の保護なのか。う~ん、イマイチよく分からない!と言う方は、弊所までお気軽にご相談ください**

FIFAブラジル・ワールドカップ ~商標権侵害~

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 知財戦略 | Posted on 24-06-2013

FIFAブラジル・ワールドカップ ~商標権侵害~

6月20日に行われたコンフェデ杯の余韻もまだ残る中、ワールドカップ・ブラジル大会に関する商標権侵害のニュースを耳にしました。前回の南アフリカ大会を上回る商標権侵害の事例が発生したことを国際サッカー連盟(FIFA)が発表したそうです。FIFAとブラジルの組織委員会は、開催期間が1カ月に及ぶW杯のスポンサー契約を20社と締結しており、その契約料は、約14億ドル(約1300億円)になるとのこと。ソースはこちら

記事によると、今回のブラジルでの事例の多くは、地元企業がW杯ロゴの使用規則を理解していないことが原因だったとのことで、大半は中小企業による商標権侵害で、法的手段には訴えなかったそうです。FIFAが、我が国日本に出願及び登録している商標をさくっと検索してみると、軽く100件を超えておりました(登録例:第5467627号,  第4426697号)。 「FIFA WORLD CUP」の文字を標準文字で取得していたり、「WORLD CUP」という文字商標や、トロフィーを図形商標として登録していたりと、その態様は様々です。指定商品・指定役務(サービス)に関しても幅広く抑えています。

というわけで、来年のブラジルでのワールドカップ開催を控え、商売での「ワールドカップ」関連の文字、デザイン等々の使用には十分にご注意を。どうしても使用したい、サッカーワールドカップ人気にあやかりたい方は、言葉そのものは使わず、ちょっと捻りましょう。これは大丈夫か?と疑問に思われた方は、「特許庁電子図書館」でちらっと調べてみてください。

商標に関するご相談・ご依頼はこちらから。

 
商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

学ぼう、ゆるキャラと商標登録その4

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 知財戦略 | Posted on 11-06-2013

連載してきました、「ゆるキャラと商標登録」も今回で最後、締めの回となりました。みなさんも、商標登録出願に向けて鼻息荒く(?)このブログを読まれているかと思います。最終回は、商標登録出願のご相談に来られたお客様から聞かれることがわりと多い、ゆるキャラと意匠についてです。ではどうぞ~。Laughing

~第4回 ゆるキャラと意匠~

昨年、このブログでも「ゆるキャラ」について、書いたことがあったので、そこから少し抜粋して持ってきました。
自分のブログより引用↓えへっ。Embarassed

『誤解されがちなのは、キャラクターには「キャラクターとしての意匠権」があると思われていること。実は、そういうオールマイティ-な権利はありません。意匠登録は、デザインを具体化し、物品を特定して出願しなければならないため、キャラクターを利用する物品のすべてを保護するには不向きです。例えば、キティちゃんやピカチュウの典型的な姿を意匠登録して、それを利用する物品はすべてその意匠権の侵害だ、というようなことはできないわけです(物品毎に登録が必要となります)。例えば、「ぬいぐるみ」といったような、この物品(商品)のこのデザインについては、有無を言わせず真似されたくないものであれば、意匠登録をする必要があります。』 詳しくはこちら

ポイント!
意匠権、商標権それぞれのもつ性格を理解してポイントを抑えた権利取得をされることが大事です。知財戦略という言葉をご存じでしょうか?自社のブランドを守るだけでなく、競争社会で勝ち残る為に、商標権などの知的財産権を取得する。独創性こそ最大の強み!真似することは簡単ですがオリジナルを生み出すことは難しい。だからこそ、権利を取得して万全の体制を築き、世界に羽ばたいて・・・、熱くなってしまいました。そこまでとは行かなくても、情報社会、競争社会といわれる現代で生き残る為の武器は一つでも多い方が良いと思いませんか?

4回にわたってお付き合い戴きました~ゆるキャラと商標登録~如何でしたでしょうか?みなさんが欲しいと思う情報が提供できたかどうか…。より詳細についてお知りになりたい方は、弊所の商標専門サイト、「商標登録ステーション」か、本サイトからご質問ください。内容によってはメール、電話等でお応えしかねますが、できる限りの対応をさせて戴きます。Smile

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

学ぼう、ゆるキャラと商標登録その3

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 知財戦略 | Posted on 04-06-2013

まだまだ続くゆるキャラ人気。ここ愛媛では、観光地やお店の一角が必ずと言っていいほど、一面黄色に染まっており、その周囲には人だかりが・・・。そうです、バリィさんのグッズ売り場です。「バリィさんのふん」というスナック菓子が笑えました(子供の心を掴んでましたね。)。Laughing

~第3回 商標登録を検討してみる。費用はどれくらいかかるのか~

これまで2回に渡って解説してきました「ゆるキャラと商標登録について」を読まれた方は、「文字商標に図形商標、それから区分はどうするのか」と、いろいろ考えていらっしゃることと思います。そこで次に思うのが費用ですよね。「じゃ、いくらかかるのか。」大事なことです。

商標登録出願費用として、特許庁に支払う印紙代というのがあります。これは、特許事務所に依頼してもしなくても発生する費用です。出願時と登録時にそれぞれ区分に応じた印紙代を特許庁に納めます。1区分ですと出願時印紙代が12,000円で、登録時印紙代が登録料5年納付だと21,900円、10年だと37,600円です。費用は、区分毎に分かれており、出願時印紙代を例に挙げると、2区分だと20,600円です。区分が増えるごとに費用が増えます(価格:2013年6月現在)。→弊所料金表へ

ポイント!
指定商品・指定役務を決める際は、本当に必要だと思う指定商品・指定役務を熟考することが大切。費用は大事ですし、気になりますが、本当に必要な商品やサービスが含まれていなければ、あとで大変な目にあうかもしれません!Cry

原則、商標は、指定した商品・役務の範囲(厳密には類似範囲)にしか効力が及びません。そのため、全く同じ商標でも、指定商品・役務が異なれば、商標登録され得ます(例えば、商標「プリウス」は、「自動車」についてはトヨタ自動車が、「パソコン」については日立が商標権を取得しています。細かな点は省略しています。)。

ということは、例えば、あなたが、指定商品に「飲料」を含まずあるゆるキャラについて商標登録出願し商標権を取得したとしても、他人は、そのゆるキャラについて「飲料」を指定商品として商標権を取得することができます。もし、あなたが、商標権を持っているから安心と思って、缶ジュースに商標登録されたゆるキャラを描いて販売したとするとどうでしょう?あなたは「飲料」について商標権を取得していなかったので、あなたが訴えられるということが起こるかもしれません。勿論、その他人を訴えようと思っても、「飲料」については商標権を取得していないので無理ですよね。

商標権を侵害すると、営業停止、商品の販売中止・廃棄、多額の賠償金等を請求されたり、悪質な場合には懲役刑等に処せられる場合もあります。商標権は、それほど強い権利でもあると言えますね。→詳しくはこちら

ちょっと恐ろしい話をしましたが、商標登録出願をすることは大事であり、いざとなったらブランドを、会社を守ってくれる強い権利ということをお伝えしたかったのです。指定商品・指定役務=権利範囲です。くれぐれも慎重なご判断を!!

次回は、~ゆるキャラと意匠~です。こちらもお楽しみに。

商標登録ステーションはこちら

商標登録までの流れは?

学ぼう、ゆるキャラと商標登録その2

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 知財戦略 | Posted on 29-05-2013

前回は、~著作権だけではだめなのか?~をお届けしましたが、今回は、ゆるキャラの商標登録を検討してみる、と題して、商標登録出願に向けた準備段階において知っておきたいポイントを、解説していきます。

~第2回 商標登録を検討してみる。指定商品。~
商標登録出願をするに当たり気になるのが、みんなはどんな風に登録しているのか?ということ。気になりますねぇ。実に気になります。そこで、ちょいと調べてみました。

くまモンの場合。権利者は熊本県で、「くまモン」の文字商標と、くまモンのイラストを図形商標で商標登録していますね。指定商品・指定役務は、全部で31区分ほど。結構幅広い分野を抑えているようです。

バリィさんの場合。権利者は、生みの親である地元愛媛の第一印刷株式会社。「バリィさん」の文字商標とバリィさんのイラストを図形商標で商標登録しています。指定商品は、紙類や文房具など6区分ほど。

※これらの情報は、特許庁のIPDLという電子図書館でどなたでも検索できます。

ポイント!
ここに挙げた2件を見てお気づきの通り、指定商品及び指定役務は商標権者によって様々です。どの分野で商品展開していきたいか、商品だけでなく役務(サービス)も含むのか?といった所を十分に検討する必要があります。

原則、出願後に、指定商品及び指定役務を追加することはできません。指定商品及び指定役務を追加する場合は、新規で出願します。(同一出願人であれば、先後願は問われません。)ただし、出願には、毎回お金がかかりますので、1回で出願を済ませることがベストです。指定商品について、漏れが無いようにするためには専門家のアドバイスを受けるのが一番だと思います。

Surprisedちなみに、「ゆるキャラ」は、株式会社扶桑社と、有限会社みうらじゅん事務所の登録商標って、ご存じでしたか?余談でした(笑)。

次回は、~商標登録を検討してみる。費用はどれくらいかかるのか。~です。

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

学ぼう、ゆるキャラと商標登録

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 知財戦略 | Posted on 27-05-2013

昨今のゆるキャラ人気は本当にすごいですね。「くまもん」に「バリィさん」etc・・・、本当によく考えられているし、個性的で、いつも感心させられます。そして、「どうせ買うなら」と、お土産もキャラクター入りを買ってしまう、私弁理士の小笠原です。ゆるキャラの前では財布の紐がゆるゆるです。(子供が喜ぶんです。Embarassed

そこで、今後数回に渡り、みなさんにゆるキャラと商標登録について解説して行きたいと思います。「抑えておきたいポイント」を一緒に「へぇ~」と言いながら学んでいきましょう。

~第1回 著作権だけではダメなのか?~

著作権。それは、言語、音楽、絵画など様々な表現方法によって創造された著作物の著作者に認められる独占的支配権です。著作物が完成したときに、発生する権利であって、登録が発生要件ではありません。「じゃ、著作権さえあれば何もお金をかけて商標権を取得しなくてもいいんじゃないか」と思いますか?

ポイント!ここで、抑えておきたいのは、「著作権だけでは不十分」ということ。著作権の場合、他人がそっくりな著作物を作ったとしても、それが偶然であり、模倣でなければ、排除することはできません。著作権は、他人がその著作物の存在を知らず、全くもって別個に創作した場合には、類似していても効力が及ばないのです。簡単に言うと、「知りません。これは私が作ったオリジナルです」と相手に言われれば、それまで、ということです。(いくつかある要件を満たさない限り侵害とはなりません。)一方、商標権は、知っていたかどうかに関係なく効力が及びます。相手がシラを切ろうが、泣いて暴れようが(あまりないと思いますが)権利行使できるのです。

知らなかったぁと言う方、以外と多いのではないでしょうか。次回は、~商標登録を検討してみる~です。お楽しみに。

WEBから簡単に商標登録をご依頼されたい方はこちらから

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

商標「KAWASAKI」事件から見る識別力の判断基準について

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 知財戦略, 訴訟 | Posted on 10-05-2013

今回は、「バイク」で有名な「KAWASAKI」商標に関する判例をご紹介します。

【概要】
商標:Kawasaki,指定商品:第25類「被服、ベルト、

帽子、手袋、ネクタイ、エプロン、リストバンド」(「リストバンド」は補正により削除)は、商標法3条1項3号、4号に該当し、商標法3条2項には該当しない、とした特許庁の審決の取消を求めた事案です。

商標法 第3条(商標登録の要件)には、
① 自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。
3 その商品の産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状(包装の形状を含む。)、価格若しくは生産若しくは使用の方法若しくは時期又はその役務の提供の場所、質、提供の用に供する物、効能、用途、数量、態様、価格若しくは提供の方法若しくは時期を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標
4 ありふれた氏又は名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標
② 前項第3号から第5号までに該当する商標であっても、使用をされた結果需要者が何人かの業務に係る商品または役務であることを認識することができるものについては、同項の規定にかかわらず、商標登録を受けることができる。
とあります。

【判決の要旨】
商標「kawasaki」について「バイク関連」のみではなく、その他の分野でも使用により自他商品識別力を有すると認定され、アパレル関係の商品でもそうであるとされ、指定商品「被服、ベルト、帽子、手袋、ネクタイ、エプロン」について商標法3条1項3号及び4号に該当せず、少なくとも同条2項に該当するとされました。

【私見】
商標審査基準には、商標法3条2項を適用して登録が認められるのは、「出願された商標及び指定商品又は指定役務と、使用されている商標及び商品又は役務とが同一の場合のみとする」と記載されています。

本判決では、『商標法3条2項の規定は、そもそも出願商標が当該指定商品や役務について使用された結果、識別力を獲得したものとは定めていないこと』、『特定の者がその業務に係る商品や役務について使用した結果識別性を獲得したものである場合、その商品・役務が当該出願の指定商品や役務と異なっていたとしても、仮に当該指定商品・役務について使用された場合にもなお識別力を発揮するであろうと認められる場合には、商標法3条2項が適用されること』を判示しています。

商標審査基準の3条2項の記載「2.(1)本項を適用して登録が認められるのは、出願された商標及び指定商品又は指定役務と、使用されている商標及び商品又は役務とが同一の場合のみとする。」は今後訂正されるのではないかと思われます。今回ご紹介した判例のように、拒絶査定となった場合でも、著名性などが考慮され、審判や訴訟で権利を取得できる場合もありますので、ご参考になればと思います。

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

ゆるキャラの権利保護について

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 意匠法, 知財戦略, 著作権法 | Posted on 20-11-2012

【今回の注目記事】なんと4億8千万円!「ゆるキャラ祭り」の経済効果過去最高

今年の「ゆるキャラグランプリ」の投票は、11月16日に締め切られ、投票数・ランキングは、11月25日(日)に埼玉県羽生市で行われる「ゆるキャラさみっとin羽生」でのグランプリ表彰式で発表されるそうです。ゆるキャラとは、「ゆるいマスコットキャラクター」を略したもので、各種キャンペーン、地域おこしのような地域のPR、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコットキャラクターのことをいいます。

この記事のように、莫大な経済効果を生むようになっている「ゆるキャラ」については、最近、色々な方面からご相談を受けるようになってきています。「ゆるキャラ」のゆるいイメージをきちんと維持しつつ、認知度を高め、宣伝効果の高い人気キャラクターに育てるのは非常に難しく、無制限でキャラクターの使用を認めると、粗悪品などによってイメージを損ねることもありますし、だからといって全く利用を禁止してしまうと、一般に広く普及することはなく、親しみをもってもらえません。

そこで、地方自治体は、商標登録や、キャラクター使用に際して独自のルールを設けることで正しい使用を促しています。商標登録の際には、キャラクターの名称、容姿(形状)とともに、権利の及ぶ範囲を指定することになりますが、指定商品には、日用品から食料品に至るまでキャラクターの使用が考えられる幅広いジャンル、且つ具体的な商品名を挙げることをお勧めします。これによって、商標権者は、指定商品(又は指定役務)について登録商標の使用をする権利を専有し、他人によるその類似範囲内での使用を排除することができます。

また、キャラクターの権利を保護する手段としては、文化庁への著作権登録も有効です。著作権は、著作物を創作した時点で自動的に発生しますが、文化庁へ著作権を登録することで、著作権の保護期間算定の起算点を明確にしたり、著作権に関する事実関係を世間一般に公示することができます。
(詳しくは→http://www.bunka.go.jp/chosakuken/touroku_seido/index.html

キャラクターの使用許諾については各地方自治体によって異なりますが、公式ホームページなどを通じて登録商標の使用方法を解説し、個人使用についてもおおよその使用範囲が明記されているので、使用にあたっては必ず事前にチェックすることをお勧めします。

誤解されがちなのは、こういうキャラクターは「キャラクターとしての意匠権」があると思われていること。実は、そういうオールマイティ-な権利はありません。意匠登録は、デザインを具体化し、物品を特定して出願しなければならないため、キャラクターを利用する物品のすべてを保護するには不向きです。例えば、キティちゃんやピカチュウの典型的な姿を意匠登録して、それを利用する物品はすべてその意匠権の侵害だ、というようなことはできないわけです(物品毎に登録が必要となります。)。

では、意匠登録をする必要があるのか、と疑問にもたれる方がいらっしゃると思います。著作権の場合は、全く同じキャラクターであったとしても、他の著作物を真似しないで独立に作成されたものであれば、それぞれ著作物として保護されることになります。逆に意匠権の場合には、独立して創作されたものであっても、先に出願したものに意匠権が付与されることになるのです。著作権においては真似をしているということ、すなわち、他人の著作物に「依拠」している場合にのみ著作権侵害の問題が生じるということで、意匠権が絶対的独占権であるといわれるのに対して、著作権は相対的独占権であるといわれています。

したがいまして、著作権だけでは相手が真似していないと主張した場合にはやっかいですね。意匠権であれば、たまたま同じようなデザインになってしまったと主張しても、権利行使が可能です。例えば、ゆるキャラであれば「ぬいぐるみ」といったように、この物品(商品)のこのデザインについては、有無も言わせず真似されたくないものであれば、意匠登録をする必要がある!といえるのではないでしょうか。

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

商標に関するテーマ別の解説サイト

Posted by ogasawara | Posted in 告知, 商標法, 知財戦略 | Posted on 17-10-2012

商標に関するテーマ別の解説サイトを立ち上げました。
宜しければご覧ください。

簡単!分かる!商標制度

突然送られてきた商標権侵害の警告書?!どうしたらいいの??

商標事務所を選ぶポイント

料金比較で見分ける賢い商標事務所選び

新さん、上手く作成して戴いてありがとうございます!
商標登録ステーションのFBページへの掲載に只今挑戦中。
武雄市のFBページのようにしたいな(*^_^*)

本のご紹介「黒船特許の正体」

Posted by ogasawara | Posted in おがさわらブログ, 特許法, 知財戦略 | Posted on 14-07-2012

午前中は特許出願の拒絶査定不服審判の中間処理のお仕事。

午後から、ある大学で9月から始まるビジネスモデル特許の授業に備えて、例のごとく娘の送り迎えを利用してこんな本を読んでいます。

ざっくり、アップル・アマゾン・グーグルのビジネス戦略を各社の特許を分析することで読み解いていくという内容。

今年の4月にアマゾンのワンクリック特許が成立しましたが、この話題についても触れられていました。ただ、この本の執筆時に公報の発行が間に合わなかったようで、詳しくは分析されていませんでした。

折を見て、アマゾンのワンクリック特許については自分でも公報をダウンロードして分析してみたいと思っています。

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.