玉造温泉での宿泊研修、そして神在月の出雲観光

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 10-10-2017

玉造温泉での宿泊研修にかこつけて神在月の出雲観光、そして帰宅してからの二つ岳登山。ちょっと詰め込んだ三連休でした。ビッグネームの先生方のご講義は、実務的なノウハウを惜しげもなくご教示いただき大変有意義でした。日本弁理士会中国支部の皆さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。写真は、遊びばっかりです(苦笑)。


 

 

 

 

 

神代そばのとろろ割子


 

 

 

 

 

宿泊先の玉井別館


 

 

 

 

 

出雲神楽


 

 

 

 

 

 

 

 

国宝 松江城その1


 

 

 

 

 

国宝 松江城その2


 

 

 

 

 

八雲庵の鴨南蛮そば


 

 

 

 

 

荒河君


 

 

 

 

 

出雲大社その1


 

 

 

 

 

出雲大社その2


 

 

 

 

 

二つ岳その1


 

 

二つ岳その2


 

 

二つ岳その3


 

 

 

 

 

二つ岳その4


 

 

 

 

 

 

 

 

二つ岳その5


 

 

 

 

 

二つ岳その6

 

 

 

 

富士登山

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 18-08-2017

お盆ウィーク、13日、14日と二日かけて9歳の次女と二人で富士山に行ってきました。
初日は雨だったのですが、翌朝には晴れて絶景が臨め、頑張った甲斐がありました。
ゆっくり登ったので、高山病にもならず何とか登頂できました。
残念だったのは、世界遺産にも拘わらず、八合目辺りから山頂にかけて、ゴミが沢山散乱していたこと。
大きな袋を持って、散らかるゴミを拾って下山されている方も何人かお見かけしました。
もし次回があれば、そんな余裕のある大人な事をしてみたい、そんなことを思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

東京出張

Posted by ogasawara | Posted in おがさわらブログ, プライベート | Posted on 23-01-2017

パテントコンテストの表彰式出席のため、東京へ。
写真は、羽田に向かう飛行機の中から撮影しました。
iOS10になってからVPNの通信規格の一つであるPPTPが使えなくなったので、XperiaXZに機種変。
カメラ機能は結構いいですね。


 

 

 

 

 

新年のご挨拶

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 01-01-2017

明けましておめでとうございます。

年賀状ですが、今年は酉年と言うことで、弊所のマスコットキャラクターにガッチャマンの衣装を着せてみました(笑)。事務所としては、昨年は組織の体制を整えた一年でした。結果的に、業務のスピードが向上し、売上も地味ですがアップしました。2017年も、研鑽を怠らずエッジを効かせて頑張りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「節句働き」という言葉もありますし、今年は昨年と違って久々に実家でのんびりしています。朝から犬の散歩に同行し、お雑煮作りも手伝いました。犬は、今年で15才になるミニダックス。元気な老犬です。義兄から譲り受けたもので、娘が誕生した年の暮れに実家に連れてきました。お雑煮は、質素でしたが美味しかったです。これから姉に会って、姪っ子・甥っ子にお年玉をあげてから、伊勢神宮に寄って参拝し、頼まれもののお札を沢山購入して、愛媛の自宅に帰ります。

2017年が、皆様にとって嬉しいことがいっぱいある一年になりますように!

2017年元旦
小笠原宜紀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 22-11-2016

先日、47歳の誕生日を迎えることができました。遅くなりましたが、メッセージを下さった方ありがとうございました。

写真は、昨日映画館で撮りました。長女が今日から期末テストで五月蠅くされたら困ることもあって、小2のわるんぼを外に連れ出しました。

手紙は、この次女から誕生日に貰ったもの。突っ込みどころ満載でどこからいこうかな。先ず、ポチ袋が「じっちゃマン」て。よくふざけて「おじいちゃん」って呼ぶから、狙ってやってるな。あと、「わるんぼのきょうかより」って。よく分かっとるやん。ん?手紙には「もう46才」とある。「もう」で悪かったな。因みに47歳じゃ~!

でも、「じっちゃマン」にはちょっと考えさせられました。これまでの教育が正しかったのか(笑)。まぁ、仕方ないか。親が親だし。この子が大人になった時には、せめてスーパーじっちゃマンになっていられるよう頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南光院と機滝

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 20-11-2016

南光院のオオモミジと赤星山の機滝を見に行ってきました。機滝は伊予三島ライオンズの登山同好会のメンバーと。カメラを渡して色々なポーズで撮して貰ったのですが、ちゃんと全押ししたのかな。ほとんど映っていませんでした(>_<)。


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

徳島の「祖谷渓」で研修・観光(11月5日~6日)

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 07-11-2016

徳島の「祖谷渓」で研修・観光。毎度、玉を名実共に地で行っておられる先生からレクチャーを受けられることが本当に有り難いです。昨日の研修もその例に漏れず、大変有益な情報を多々頂戴しました。懇親会は、家族同伴で(私はひとりでしたが)。アットホームな雰囲気があって、四国支部で良かったと思うことの一つです。

温泉は、以前泊まったことのある、かずら橋の前のホテルの天空の露天風呂の方がお勧めかも知れません。いろんなタイプの露天風呂が山の傾斜にテーマパークのようにあって、祖谷渓の眺めも愉しめるようになっています。確か混浴風呂もあったような記憶が。これがお勧めする一番の理由かも(笑)。

一泊して、今日は早起きし、祖谷渓の小便小僧像、竜ヶ岳、奥祖谷二重かずら橋、剣山へ。紅葉を期待していたのですが、小便小僧像、竜ヶ岳の辺りは少し早い感じ。奥祖谷の方はほぼ見頃という感じ。ただ、剣山まで行くとリフト付近は紅葉はほぼ終わっていました。剣山は、リフトを使えばお手軽に登れるので行ってみたのですが、あいにくの雨。雨に打たれたことも含めて充実した二日間でした。

dsc_0003

 

 

 

 

 

img_1432

 

 

 

 

 

 

img_1438

 

 

 

 

 

 

img_1440

 

 

 

 

 

 

img_1445

 

 

 

 

 

 

img_1450

 

 

 

 

 

 

img_1451

 

 

 

 

 

 

img_1454

 

 

 

 

 

 

img_1457

 

 

 

 

 

 

img_1463

 

 

 

 

 

 

img_1488

 

 

 

 

 

 

img_1500

 

 

 

 

 

 

img_1504

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_1514

 

 

 

 

 

 

img_1516

 

 

 

 

 

 

img_1523

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_1526

 

 

 

 

 

 

img_1533

 

 

 

 

 

 

img_1537

 

 

 

 

 

 

 

 

旧交を温めた二日間

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 07-08-2016

昨日は高校の同窓会でDスクウェア、今日は大学時代の旧友とDスクウェア。Dスクウェアで旧交を温めた有意義な二日間でした。大学時代のお二人には、私のわがままで日曜日にセッティングしてもらいました。加藤くん、小島くん、ありがとう!今日は実家に泊まり明朝愛媛に向けて出発です。

8-7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと嬉しい知らせ

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 24-06-2016

今朝ポストを覗くとこんな嬉しい通知が。
後輩たちが頑張っているので、微力ながら協力させてもらうつもりです。広島までドライブがてら応援に行こうかな。
13537604_861632283942472_4372548587932578286_n

西赤石山と東赤石山との間を縦走

Posted by ogasawara | Posted in プライベート | Posted on 22-05-2016

GW後半の5月4日・5日、西赤石山と東赤石山との間を縦走。だいぶ時間が経っていますが、ようやく重い腰を上げてPCに写真を取り込みました。実際に体感した、岩場でのスリルや見惚れるような景観は伝わらないかも知れませんが、せっかくなので幾つかをアルバムとして記録しておきます。

20160504-1

 

 

 

 

 

今回は法皇山脈と呼ばれる四国の愛媛東部の山へ。この山系にはかつて栄えた別子銅山跡がある。別子銅山の詳細はこちらで。https://ja.wikipedia.org/wiki/別子銅山
案内図で、現在地とあるのが日浦登山口。ここから、銅山跡地を通り、銅山越を経て西赤石山に登り、東赤石山へ縦走し、瀬場登山口へ下るというのが今回のルート。この下山地点に車を一台駐車し、登山地点へもう一台の車で移動した。

20160504-2

 

 

 

 

 

 

銅山越えまでは、銅山跡地を通っていく。この山中に、熔鉱炉、製錬所の跡地の他、小学校や、劇場、病院など、いにしえの栄華を物語る施設跡が次々と現れ、当時に思いを馳せながら上っていく。

20160504-3

 

 

 

 

 

 

ダイアモンド水。1951年、鉱脈を探すためのボーリング調査で、地下80mの深さで水脈にロッドが到達し、それ以来、その水が自噴し続けている。工業用ダイアモンドを散りばめたロッドの先端が回収できずに地下に残っていることからこの名前がついたそうだ。

20160504-4

 

 

 

 

 

 

こんこんと湧き出るダイアモンド水。水は清らかで美味しい。

20160504-5

 

 

 

 

 

 

銅山越にて休憩する。ここから西赤石山を目指す。

20160504-6

 

 

 

 

 

銅山越には石垣に囲まれた中に石仏が置かれている。銅山越というのは、昔、別子銅山の繁栄の面影を残した峠なのだ。銅山というのは過酷な労働条件にあって、この中で死んでいった鉱夫たちも少なくなかっただろう、と想像する。別子銅山跡は産業遺産として興味深い。

20160504-7

 

 

 

 

 

銅山越からは登山オンリー。西赤石山山頂にて、最近の登山ではお馴染み(?)のエーブル先生とパシャ。しばし絶景を堪能する。

20160504-8

西赤石山の頂上からの眺め。連続して撮影してパノラマ写真を作成してみたが、iPhoneのパノラマ機能を使って撮影した方が綺麗かも。オートフォーカスにしたため、撮影条件がそれぞれ違ってしまった。

20160504-9

 

 

 

 

 

 

西赤石山から下る。両側の草木がきちんと刈り込まれ、高い生け垣のようになっていて歩きやすい。1時間足らずで物住頭に着く。写真は、物住頭から撮影したもので、向かって左から、赤星山、二ツ岳、エビラ山、前赤石と続く。

20160504-11

 

 

 

 

 

 

 

 

物住頭から15分ほどで石室越に着く。ここから非常にタフな岩稜が続く。

20160504-12

 

 

 

 

 

かなり危なっかしい。岩を抱えて割れ目を跨ぐ。

20160504-13

 

 

 

 

 

滑落の危険がある所が多々ある。

20160504-14

 

 

 

 

 

 

 

 

赤石荘。しかし、ここには泊まらず、赤石荘の近くであえてテント泊。200円を払って湧き水を使わせてもらう。350mlの缶ビール6本をこの水にて冷やす。

20160504-15

 

 

 

 

 

 

 

 

テント泊の登山者が多く、適した場所は既にテントが張られている。場所が見つからない中、何とか探してテントを張る。お湯を注ぐだけの、カップラーメン、カレーを食す。おつまみと缶ビール3本でプチ宴会。夕方から翌朝にかけて強風吹き荒れる中、恐怖に戦きながらも普通に寝る(笑)。

20160504-16

 

 

 

 

 

朝食はトースト。テントを片付け八巻山に向かう。もう少し楽なコースもあるようだが、ここもあえてしんどい道を選ぶ。ここが一番の難所。

20160504-17

 

 

 

 

 

こんな岩場を登っていく。

20160504-18

 

 

 

 

 

高度感ありすぎて、怖い!

20160504-19

 

 

 

 

 

ここを超えると間もなく八巻山頂上。

20160504-20

 

 

iPhoneのパノラマ機能を使用して撮影。赤星山、二ツ岳、エビラ山、権現山は勿論のこと、遠くは石鎚山まで綺麗に臨める。

20160504-21

 

 

 

 

 

八巻山から臨む東赤石。東赤石山頂上では20分程滞在。山肌は赤っぽく見える。これは、橄欖岩(かんらんがん)が酸化されたためで、赤石山の由来といわれている。一旦赤石山荘との分岐点まで戻り、瀬場谷の美しい滝を臨みながら、瀬場登山口へ向けて下山する。

20160504-22

 

東赤石からのパノラマを作ってみた。今回色々と分かったので、トレーニングをして、次回は冬、東赤石山・八巻山にチャレンジしてみたい。

 

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.