~「ジャポニカ学習帳」の立体商標登録から考える出願形態~

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 意匠法, 所長のつぶやき, 知財戦略 | Posted on 26-08-2014

少し前のニュースですが、このほどショウワノート株式会社の「ジャポニカ学習帳」が「ノート」では初めて立体商標として登録されたそうです。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/05/news126.html

「ジャポニカ学習帳」は、1970年から製造・販売されているとのこと。使ったことがないという方でも、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。私自身も使ったことがあるかは記憶にないのですが、確実に文房具店で見たことがあります。あのデザインは確かに個性的で記憶に残っていますよね。表紙のリアルで本格的な写真もインパクト大ですしね。

公報を見ますと、定期的に変更される写真の部分を除外した、「枠」のデザインでの登録のようですね。
*参考:商標登録第5639776号*
http://ogasa-pat.com/home/image/japo.pdf

ここで思うのが、「ノートのデザインに関するものなだから意匠登録じゃないの?」ということ。確かに、「デザイン」すなわち「意匠」といえば「意匠法」が頭に浮かびますよね。

しかしながら、意匠法で保護を受けるためには、先ず、新しいデザインであることが求められます。周知著名になっているデザインというのは、その時点で新しくなければならないという要件を満たしませんので、そのままでは意匠法では保護が受けられません。保護を受けるには、新たな創作的な要素を付加する必要があります。

一方、商標法は、商標に化体する(した)業務上の信用を保護する法律ですので、業務上の信用が化体しない識別力のない商標の登録は認めていません(商標法第3条第1項)。これに対して、自他商品等の識別力がない商標であっても、長年に亘って使用し続けていると識別力を有するようになることが経験的に分かっているので、商標法は、使用によって識別力を有するに至った商標については、例外的に登録を認めています(商標法第3条第2項)。

以前、こちらの「スーパーカブ、立体商標として登録へ」
http://ogasa-pat.com/?p=5578
の記事で、意匠登録出願をせずに公知になってしまったものの法的保護の価値がある形態については、商標法(立体商標)を戦略的に活用すべし、と述べたのは、意匠法で保護が受けられなくても、例えば、「ジャポニカ学習帳」のように、長年愛されて認知度が高くなり、そのデザインがショウワノート株式会社の製品であることを示すようになれば(識別力を獲得すれば)、商標登録が受けられるからです。この商標登録によって、競合他社は「ジャポニカ学習帳」に似たネーミングや似た表紙写真を使用していなくても、商標公報に記載された写真に類似した外観のノートは販売できなくなります。

商品のデザインだから「意匠」と決まってしまうものではありません。デザインが物品の機能に由来する場合、一般的には、特許法や実用新案法で保護を受けた方がベターです。特許法や実用新案法は、保護対象が技術的思想なので権利範囲にそもそも幅があり、物品の美的外観(見た目)を保護対象とするために権利範囲が狭くなりがちな意匠法と比べて、手厚い保護が受けられることが多いからです。また、商品等の形態が、自他商品等の識別力を獲得している場合には、不正競争防止法によって保護が受けられる場合もあります。

保護を受けようとする出願形態に迷ったら、先ずは、何を保護したいのかという点について考えて見ると良いと思います。デザイン自体の保護か、それとも業務上の信用の保護なのか、或いは、技術的思想の保護なのか。う~ん、イマイチよく分からない!と言う方は、弊所までお気軽にご相談ください**

デザインはおもしろい。

Posted by ogasawara | Posted in 意匠法 | Posted on 10-10-2013

「奇抜な発想がヒットを生む」そう思わされるのが、近年のアイデア文房具製品。以前から海外と比べて、日本の文房具類は種類が豊富でリーズナブルだと感じていました。良いなと思う文房具は日本製であることが多いんです。なので、今までも「すごい!」と思っていたのに、最近ではそこに「おもしろさ」が加わり、実用性だけでなく「ふふっ」と笑ってしまうような「おっ!」と思わず声が出てしまうような商品が出ています。

例えば、デザインユニット「ユルリク」さんの商品「Green Marker」。こちらは、いわゆる付箋紙を使用したブックマーカーらしいのですが、本の気になるページにどんどん挟んでいくことで、本から草が生えている様に見えというもの。本棚に草むらが出現。ちょっと笑ってしまう、ほっこりさせてくれます。2012年グッドデザイン賞受賞されており、意匠権を取得されています。意匠登録第1401699号
商品詳細はこちら。
http://www.yuruliku.com/greenmarker/about/about.html

こういったアイデアあふれるデザインに対して、「グッドデザイン賞」のような賞を授与することによるデザインの推奨制度がいくつかあります。例えば、最近知ったのですが、「文房具屋さん大賞」というのもあるようです。実用的かつデザイン性やおもしろみのある、個性ある商品が今求められているのでしょうね。美観に優れた創作性の高い文房具は大人も子供もわくわくしますよね。また、賞を設けることで、作り手にとっては意欲の向上につながり、買い手にとっては「良いデザイン」の一つの指標となります。「お墨付きもらっている商品」の様な印象を受けますからね。

意匠権取得の代理業務を行う身として、こういった情熱の詰まった商品達に別角度からですが関わることができることは喜びです。これからもお客様一人一人に寄り添う弁理士でありたいと思います。

WEBサイトがほぼ完成の運び

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 意匠法, 特許法 | Posted on 26-12-2012

今年1年かけて、ほぼできあがってきました(^_^)v
関係者の皆様、ありがとうございましたm(_ _)m

こちらはチョウノ・デザインさん
特許ステーション
意匠登録ステーション

こちらはクリエイティブユニットさん
商標登録ステーションのリーフレット
意匠登録ステーションのリーフレット
特許ステーションのリーフレット
小笠原国際特許事務所のリーフレット
簡単!分かる!商標精度
S-ttoko 企業紹介

こちらはwiseさん
商標登録ステーション
小笠原国際特許事務所

ゆるキャラの権利保護について

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 意匠法, 知財戦略, 著作権法 | Posted on 20-11-2012

【今回の注目記事】なんと4億8千万円!「ゆるキャラ祭り」の経済効果過去最高

今年の「ゆるキャラグランプリ」の投票は、11月16日に締め切られ、投票数・ランキングは、11月25日(日)に埼玉県羽生市で行われる「ゆるキャラさみっとin羽生」でのグランプリ表彰式で発表されるそうです。ゆるキャラとは、「ゆるいマスコットキャラクター」を略したもので、各種キャンペーン、地域おこしのような地域のPR、企業・団体のコーポレートアイデンティティなどに使用するマスコットキャラクターのことをいいます。

この記事のように、莫大な経済効果を生むようになっている「ゆるキャラ」については、最近、色々な方面からご相談を受けるようになってきています。「ゆるキャラ」のゆるいイメージをきちんと維持しつつ、認知度を高め、宣伝効果の高い人気キャラクターに育てるのは非常に難しく、無制限でキャラクターの使用を認めると、粗悪品などによってイメージを損ねることもありますし、だからといって全く利用を禁止してしまうと、一般に広く普及することはなく、親しみをもってもらえません。

そこで、地方自治体は、商標登録や、キャラクター使用に際して独自のルールを設けることで正しい使用を促しています。商標登録の際には、キャラクターの名称、容姿(形状)とともに、権利の及ぶ範囲を指定することになりますが、指定商品には、日用品から食料品に至るまでキャラクターの使用が考えられる幅広いジャンル、且つ具体的な商品名を挙げることをお勧めします。これによって、商標権者は、指定商品(又は指定役務)について登録商標の使用をする権利を専有し、他人によるその類似範囲内での使用を排除することができます。

また、キャラクターの権利を保護する手段としては、文化庁への著作権登録も有効です。著作権は、著作物を創作した時点で自動的に発生しますが、文化庁へ著作権を登録することで、著作権の保護期間算定の起算点を明確にしたり、著作権に関する事実関係を世間一般に公示することができます。
(詳しくは→http://www.bunka.go.jp/chosakuken/touroku_seido/index.html

キャラクターの使用許諾については各地方自治体によって異なりますが、公式ホームページなどを通じて登録商標の使用方法を解説し、個人使用についてもおおよその使用範囲が明記されているので、使用にあたっては必ず事前にチェックすることをお勧めします。

誤解されがちなのは、こういうキャラクターは「キャラクターとしての意匠権」があると思われていること。実は、そういうオールマイティ-な権利はありません。意匠登録は、デザインを具体化し、物品を特定して出願しなければならないため、キャラクターを利用する物品のすべてを保護するには不向きです。例えば、キティちゃんやピカチュウの典型的な姿を意匠登録して、それを利用する物品はすべてその意匠権の侵害だ、というようなことはできないわけです(物品毎に登録が必要となります。)。

では、意匠登録をする必要があるのか、と疑問にもたれる方がいらっしゃると思います。著作権の場合は、全く同じキャラクターであったとしても、他の著作物を真似しないで独立に作成されたものであれば、それぞれ著作物として保護されることになります。逆に意匠権の場合には、独立して創作されたものであっても、先に出願したものに意匠権が付与されることになるのです。著作権においては真似をしているということ、すなわち、他人の著作物に「依拠」している場合にのみ著作権侵害の問題が生じるということで、意匠権が絶対的独占権であるといわれるのに対して、著作権は相対的独占権であるといわれています。

したがいまして、著作権だけでは相手が真似していないと主張した場合にはやっかいですね。意匠権であれば、たまたま同じようなデザインになってしまったと主張しても、権利行使が可能です。例えば、ゆるキャラであれば「ぬいぐるみ」といったように、この物品(商品)のこのデザインについては、有無も言わせず真似されたくないものであれば、意匠登録をする必要がある!といえるのではないでしょうか。

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

意匠登録ステーションのWEBサイト

Posted by ogasawara | Posted in 意匠法 | Posted on 14-11-2012

意匠登録ステーションのWEBサイトが間もなく完成の運び(^_^)v
いまのところこんな感じです。

http://design.ogasa-pat.com/

続木さん、上手く作って戴いてありがとうございます!
http://www.chono-design.jp/

まだ微調整が必要ですが、SEO的に早く公開した方がよいと判断しました。
FBで迷っていたプロフは、皆さんのコメントを参考に真面目な顔をしている写真を採用しました。

少しずつですが、HPが充実してきて嬉しい限りです。

http://ogasa-pat.com/
http://trademark.ogasa-pat.com/
http://www.e-ttoko.com/ogasa-trademark/index01.html
http://www.e-ttoko.com/ogasa-trademark/index02.html
http://www.e-ttoko.com/ogasa-trademark/index03.html
http://www.e-ttoko.com/ogasa-trademark/index04.html

中国企業、「iPhone 5」のデザイン特許取得

Posted by ogasawara | Posted in 意匠法, 訴訟 | Posted on 06-09-2012

中国企業、「iPhone 5」のデザイン特許取得』のニュースが報道されていました。

中国の意匠制度は、無審査登録主義を採用していますので、登録要件を備えていなくても意匠登録はできます。

ただ、権利行使の段階では、我が国の実用新案制度と同様に、審査が必要となります。例えば、公に知られたデザインに基づいて容易に創作できる意匠(デザイン)では実質無効ですので、アップルに対する権利行使は不可能となります。

今回の報道は、意匠登録がされていたというだけで、iPhone5のデザインが以前のスマホとそれほど変わらないのなら特に問題にならない気がしています。

御本が届きました。

Posted by ogasawara | Posted in 不正競争防止法, 商標法, 意匠法, 特許法, 訴訟 | Posted on 04-06-2012

先日の研修で名刺交換させて戴いた牧野先生からご自身が書かれた「特許・商標・不正競争関係訴訟の実務入門」の御本が届きました。確かに、名刺交換の特典として著書をお送り戴けるとお伺いはしておりましたが、本当に送って戴けるとは・・・感激しました\(^O^)/

国内では特許侵害訴訟の件数は少なく、私のところでも訴訟まで発展してしまうことは滅多にないのですが、警告状を送付したり、逆にその対応として回答書を送付する機会は結構あります。まだざっと眺めただけですが、警告状や回答書の例もあり、実務で有り難く使わせて戴きたいと思っています。

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.