スーパーカブ、立体商標として登録へ

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 所長のつぶやき | Posted on 27-05-2014

1958年生まれの二輪車「スーパーカブ」の形状が、乗り物では国内で初めて立体商標として登録されることが決まったそうです。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ260D1_W4A520C1TI0000/

記事によれば、「特許庁が立体商標登録を認める審決を下した。細かな変更点はあるものの基本デザインは50年以上変えておらず、消費者が形で製品を識別できると認めた。」とのこと。下記審決の通り、特許庁において、裁判で差し戻されることなくなされた審決であった点に私は注目しました。
http://ogasa-pat.com/home/image/42500.pdf

コカコーラの瓶やヤクルトの容器等の立体商標の商標登録が認められることになった判決が相次ぎ、そろそろ、行政である特許庁において、裁判所における立体商標に関する判断傾向が反映されるようになっている気がします。行政において、商品自体の形状が予測し難いほど特異でなくとも、使用の結果、需要者に広く認識されて自他商品等識別力を有するに至っている商品の立体的形状については、商標として保護されるようになってきています。

商標権は、10年ごとの更新申請によって、半永久的に存続させることが可能な権利です。意匠権が切れた後や、意匠登録出願をせずに公知になってしまったものの法的保護の価値がある形態については、商標法(立体商標)を戦略的に活用するという途もあることをを頭に置いておかれるとよいと思います。

商標登録ステーション

 

中国で現地企業の「今治」文字商標の登録を認めない旨の裁定

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 所長のつぶやき | Posted on 07-05-2014

日経で、中国で現地企業の「今治」文字商標の登録を認めない旨の裁定がなされたことが記事になっていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO70663570R00C14A5LA0000/

愛媛今治といえば、タオルの生産地として有名ですが、ブランド戦略が徹底していて感心しております。
下記は、地域団体商標「今治タオル」の商標権者である四国タオル工業組合様のサイトです。
http://www.stia.jp/brand/entry.html

商標登録ステーションはこちら

商標登録証が届く♪

Posted by ogasawara | Posted in 告知, 所長のつぶやき | Posted on 27-03-2014

弊所キャラクター「バトラくん」と「シラベル」の商標登録証が届きました(^_^)v

 

商標登録ステーションはこちら

知財総合支援窓口の更なる機能強化

Posted by ogasawara | Posted in 告知, 所長のつぶやき | Posted on 25-03-2014

全国47都道府県に設置されている「知財総合支援窓口」において、平成26年4月から、知的財産に関する専門家(弁理士及び弁護士)が配置(弁理士は週1回以上、弁護士は月1回以上)されることが経済産業省のサイトで公表されています。

本措置を通じて、

①専門家を無料で活用できる機会の提供
②知財の取得前段階での支援(知的財産権による保護又は営業秘密による保護の峻別に関する支援)
③知財の活用段階での支援(ライセンス契約や侵害対策に関する支援)

といった、知財の活用を検討している段階から、実際の活用場面までの一貫した支援強化を行い、中小企業等における知的財産活動の促進を目指すとのことです。
詳しくはこちらから。
http://www.meti.go.jp/press/2013/03/20140324001/20140324001.html

以前、発明協会が主体となって、弁理士が定期的に行う発明無料相談会(名称は正確ではないかも知れません。)というのがありました。私も、月に一度ぐらいのペースで松山のテクノプラザ愛媛や今治・新居浜の商工会議所に出かけて担当しておりました。当時は、本当に支援が必要な中小企業の方が対象というよりは、発明を趣味とする個人発明家が相談に来られることが多かったように思います(あまり企業人に知られていなかったように思います。)。今回の措置では、中小企業等における知的財産活動の促進を目指すとのことですので、知財を活用した地域産業の活性化という面で期待しておりますし、もし相談員としてご依頼があれば微力ながらご支援させていただきたいと思っております。

3Dプリンタ(3Dプリント?)の話題です。

Posted by ogasawara | Posted in テクノロジー, 所長のつぶやき, 特許法 | Posted on 05-03-2014

現在大きな盛り上がりを見せている3Dプリンタ(3Dプリント?)の話題です。

下記のサイトの記事を見かけました。現在の市場の盛り上がりが、基本特許の権利期間満了によってもたらされており、2014年2月 (先月ですね)に現在最も先進的かつ機能的な3Dプリント技術「レーザー焼結法」に関する特許の期限が切れることにより、2014 年は、3Dプリンタが爆発的に成長する年になると予言されています。

http://qz.com/106483/3d-printing-will-explode-in-2014-thanks-to-the-expiration-of-key-patents/

勿論、特許は1つだけで成立しているわけではなく、周辺特許と呼ばれるポートフォリオを組んで戦略的に権利形成されています。したがいまして、前述の基本特許1つが満了になるからといって、爆発的に3Dプリンタが成長するとは言い切れません。しかしながら、2009年に「FDM(Fused Deposition Modeling)法」に関する基本特許の存続期間が満了してから低価格な3Dプリンタの市場が拡大した前例がありますので、この時期を待って虎視眈々と準備していたスタートアップ企業がいるのでは?と思ったりしています。

特許事務所をもっと身近に感じてもらいたいとの想いから、これまで、弊所キャラクターを発案し、そのキャラクターの3Dプリントを試したわけですが、今回、3Dプリントを試して分かったことは、3Dプリンタの普及の鍵を握っているのは3Dデータの作成技術であるということです。手探りで色々なサイトを見ながら進めていったわけですが、手軽に3Dデータを作れるツールと謳われていても、初心者が簡単にできるほど整備されているとは正直思いませんでした(ごめんなさい)。

3Dデータの作成技術までも含めた3Dプリント技術、まだまだ目が離せませんね。このブログの中でも、「~3Dプリントに挑戦~」と題して、初心者が簡単にできるという視点で、3Dプリント作成方法について記事にして行くつもりです(所員Tが頑張ります)。

こうご期待!

足元を見られる。

Posted by ogasawara | Posted in 所長のつぶやき | Posted on 27-02-2014

3Dプリントサービス会社「INTER CULTURE」様のギャラリーに掲載されました。
確かに、いつ折れても不思議ではないですね(笑)。

http://inter-culture.wix.com/3dprint-gallery#!color/c6qu

バトラくん3Dプリントが届くの巻

Posted by ogasawara | Posted in 告知, 所長のつぶやき | Posted on 26-02-2014

にやにやしちゃう(*^_^*)
忙しい中、所員Tが頑張りました。
作成秘話は、折をみて連載します。
先ずはご報告。

  

  

パテントコンテストのサポート

Posted by ogasawara | Posted in 所長のつぶやき | Posted on 25-02-2014

パテントコンテストのサポートで新居浜高専へ。

パテコンで入賞しても、卒業や就職が決まった後だと、
出願や特許に向けての学生のモチベーションが上がらない。

毎回思うのですが、就職活動のときに、
特許権を取得したことをアピールできるといいのになぁ。

久々の知財関連の記事です。

Posted by ogasawara | Posted in 商標法, 所長のつぶやき | Posted on 20-02-2014

知財関連の記事です。久々の更新になってしまいました。

先日、マドリッド協定議定書(マドリッドプロトコル。通称、マドプロ。)を利用した中国での商標登録に対して、拒絶の通知がありました(マドプロでは、一旦国際登録されてから拒絶が通知される仕組みになっています。)。

日本では、一部の指定商品又は役務に拒絶理由がある場合に、出願人が何ら対応をしなければ、出願(全体)が拒絶されます。これに対して、中国では、出願人が対応しない場合でも、拒絶理由のある指定商品又は役務に係る部分のみが拒絶されます(出願(全体)が拒絶される場合は、指定商品の欄に「ALL」が表示されますのでそれで区別できます。)。拒絶理由に係る指定商品が本命ではない場合、日本では、例えばその指定商品を削除する補正が必要となりますが、中国では、あえて放置するという対応もあり得ます(本命が生き残ればそれでよいという考え方で、費用負担を減らせます。)。

ロゴか活字かの点が違うだけで(どちらも英字造語)、複数ある指定商品も称呼(読み方)も全く同じ商標について同日にした2件の国際登録出願に対して、何れも拒絶の通知があったわけですが、一方は、本命の指定商品が拒絶理由にあげられていなかったので、あえて放置という対応をとりました。他方は、全く同じ登録商標が引用されて、2ヶ月遅れて拒絶の通知があり、前回とは異なり、本命の指定商品が拒絶理由にあげられていました(出願に係る指定商品が登録商標の指定商品と類似するというもの。)。

中国にも日本と同様に類似群コードというものがあります。類似群コードは、審査において商品や役務が互いに類似するか否かを判断する際に用いられるものですが、審査では、類似群コードが同一であれば、商品や役務が互いに類似すると判断されます。少なくとも日本ではですが…。中国でも類似群コードで判断されているはずなので、このような審査結果の違いは理解に苦しみます。

類似群コードが同一であるため商品や役務が互いに類似する、或いは、類似群コードが異なるため非類似であると判断されても、裁判では逆の判断がされることがあります。例えば、中国の裁判例で、「自動車用の潤滑油」と「自動車用のモーター」は類似群コードが異なっているため、審査では非類似とされたものが、裁判では類似とされたものがあります。今回は、審査・審理のレイヤーが違うというものではなく、同じレイヤーの審査段階で、しかも画一的に処理できるはずの類似群コードを用いながら、判断が異なるということ。

中国の商標登録の制度は、例えば以下のサイトで説明されています。ご参考まで。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/chousa/pdf/shouhyou_seido-houkokusyo/05-china.pdf

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

今年二度目の大雪

Posted by ogasawara | Posted in 所長のつぶやき | Posted on 14-02-2014

また大雪だ〜(≧∇≦)
松山まで電車も高速も朝方は不通でしたが、
昼からの研修には何とか間に合いました。

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.