~3Dプリントに挑戦その7~

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 11-09-2014

いよいよ最終回となりました。素人による説明で分かりづらい箇所もあったかとおもいますが、最後までお付き合い頂きありがとうございました。最後まで一生懸命書きましたのでどうぞご一読下さいませ。

⑦サイズが決まったら、いよいよ仕上げの、UVマッピングをします。
3Dプリントで、石膏フルカラーにする場合、スカルプトリスから出力したobjとpngを、別のCGソフトで読み込んで、別途mtlファイル付きのデータを作る必要があります。そのために、色んな方法があるようでうすが、今回は、下記サイトを参考にしました。
http://maruta.be/effect/78

上記サイトの手順の最後まで行ったら、保存します。右の画面のFile(ファイル)→export(エクスポート)→Wavefront(.obj)で、保存します。 ブレンダー1

次に、画面左下のオレンジの部分「Image(画像)」をクリックして、
ブレンダー2
[Image(画像)]→[Save As Image(画像を保存)]の順に選択していくとファイル出力できます。

これにより、「.obj」「.png」「.mtl」3つのデータが保存されます。

あとは、これらデータを、好きな3Dプリント会社サイトにオンライン入稿するのみです。データの送信方法は各社の指示に従って下さい。
もし、データ不備があれば、その旨連絡が来ます。また、入稿前に、事前データチェックができるフリーソフト(mesh lab等)もあるみたいなので、そちらも使ってみてください。

以上、作成時のことを思い出しつつ書きましたが、これは、ド素人がとりあえず作ってみたというだけなので、「本当に素人!」と言う方の手助けに少しでもなればと思ってます。また、私が今回注文した「Inter culture」さんは、初歩的な質問にも丁寧に答えて下さり、対応がとても良かったです。電話でも質問できます。なので、初めての方は、こちらがいいかもです。ちなみに、ギャラリーに「バトラくん○R」が掲載されておりますので、よければ、見てみて下さい!
http://inter-culture.wix.com/3dprint-gallery#!color/c6qu

バックナンバーはこちらから。
~3Dプリントに挑戦その1~
~3Dプリントに挑戦その2~
~3Dプリントに挑戦その3~
~3Dプリントに挑戦その4~
~3Dプリントに挑戦その5~
~3Dプリントに挑戦その6~ 

~3Dプリントに挑戦その6~

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 26-08-2014

久々ですが前回の続きです☆
今回は、モデリングとペイントが終わった後に行うサイズ調整です。

⑥続いて、ブレンダーに読み込んでサイズ調整をします。
まず、無料のソフト「ブレンダー」を下記からダウンロードしましょう。

http://blender.jp/

画面操作方法は、色々なサイトで紹介されていますので、適当に検索してください。ここでは、詳しい方法は省略します。
1.最初に、ブレンダーに前回保存したファイルを読み込みます。読み込んだら、サイズ調整を開始します。

2.サイズ調整の前に、下記画像のオレンジの枠の示すところに、3D分度器ボタンがあるので、クリックします。始点と終点の位置で左クリックすると、下記のように計測値が出ます。Enterキーで分度器モードを解除できます。この機能を知っておくと図りながらサイズ調整できて便利です。

3.サイズ調整は、キーボードの「S」を押しながらマウスを動かすとオブジェクトが大きくなったり小さくなったりしますので、3D 分度器で測りつつ好きなサイズに調整します。左クリックで決定。サイズ調整

 これでサイズ調整終了-----!!寸法の所にサイズを入力する方法等いろいろあると思いますが私はこの方法でサイズ調整しました。
ブレンダーはなぜに無料なのか疑問なくらいいろいろ機能が充実していて、プロ仕様だなと感じました。イラストレーターとかフォトショップくらい機能があって、私のような素人には到底使いこなせないなと痛感しました。でも、ホントに凄いです。

次回は、最終回となります「UVマッピング」です。お楽しみにぃ~**

バックナンバーはこちらから。
~3Dプリントに挑戦その1~
~3Dプリントに挑戦その2~
~3Dプリントに挑戦その3~
~3Dプリントに挑戦その4~
~3Dプリントに挑戦その5~ 

 

 

LINE弊所自作スタンプ(所員Tのつぶやき)

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 09-06-2014

LINE 弊所自作スタンプ(ライン・クリエイターズスタンプ)が承認されました!

このほど、「LINE Creators Market」に登録申請し、審査結果待ちだった弊所キャラクター「バトラくん」のLINEスタンプが、ついに審査を無事通過し承認されたとの連絡が来ました!!やった――――――――――!!

「LINE Creators Market」とは、申請して審査を通れば誰でも自作のスタンプを販売できるというもの。

詳しくはコチラ https://creator.line.me/ja/

審査はなかなか厳しいような噂もちらほらあったりしたので、自信はありました(笑)が、連絡が思ったより遅かったのでちょっとドキドキしてました。でも、よかったよかった。

このスタンプは、結構おもしろく使い勝手も考えて作ったので、喜んで頂けるとうれしいな。しいては、特許事務所がLINEスタンプを販売するという「奇抜さ」に気づき、興味を持って頂けると、なお、ありがたい~☆☆

100円でなんと40種類のスタンプが楽しめます!!お得以外の何者でもありません!!さあ、今すぐダウンロードしましょう。!!!!!

https://store.line.me/stickershop/detail?packageId=1001077

~3Dプリントに挑戦その5~

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 12-05-2014

続きですSmile
今回は、いよいよ「ペイント」作業に突入です。

⑤画面右上の「PAINT」をクリックしてペイントモードにします。一度ペイントモードにしてしまうと、二度とモデリングモードに戻れないので、要注意です。
モデリング時に、パーツ毎に作成しているため、ペイント作業は簡単です。

1.塗りたいパーツを選んで、Airbrushをクリックして、色を指定します。(パーツの指定は、キーボードの「H+左クリック」で、クリックした箇所を非表示にできますので、塗りたい箇所だけ残して塗りつぶします。
「Ctrl+H」で全て表示)。
2.画面左上の「F」若しくは、キーボードの「Ctrl+F」を押すと、指定したパーツにのみ色がつきます。
ちょっと、見えづらいかも知れませんが、2つのパーツの下の部分が点で表され、非表示状態になります。この状態で塗りつぶすと、上のパーツだけが塗りつぶされます。これだと、パーツ間の境目も綺麗です。このように、パーツごとに、順番に色をつけていきます。

 

 

 

じゃ~ん!完成です。目元や口元にどうもひび割れがあるようで、ちょっとまだらな部分もありますが、まぁ、初めてにしては、頑張ったかな・・・(笑)というわけで、モデリングでは、あまり表面をいじりすぎないように気をつけ方が良さそうです。

 

 

 

3.全てにペイントできたら、保存する。

画面左上の「EXPORT」で「OBJ形式」に書き出し、画面左上の「show advanced tool」クリックして「SAVE TEXMAP」で「png形式」に書き出します。

今回はここまで。次回は、3Dプリント対応の形式に仕上げて行きます。
あと、もう一息です!

バックナンバーはこちらから。
~3Dプリントに挑戦その1~
~3Dプリントに挑戦その2~
~3Dプリントに挑戦その3~
~3Dプリントに挑戦その4~ 

ドラマと知的財産権(所員Tのつぶやき)

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 08-05-2014

先日テレビを見ていると、「ルーズヴェルト・ゲーム」というドラマの予告で、「実用新案権」という言葉が出てきたので、「おっ」と前かがみなって画面に釘付けに・・。

なんでも、青島製作所(主役のいる会社)に、イツワ電器(ライバル会社)から実用新案権を侵害したという訴状が届き、その内容は、イツワ電器が青島製作所に対し商品の販売差し止めと損害賠償として200億円を請求する、というもの。

これを聞いて思った事は、なぜ、「特許」でなく「実用新案権」なのかUndecided。ドラマなので、そこら辺にこだわりがないだけなのかもしれませんが・・。「特許」の方が視聴者はピンとくるような気が・・。

因みに、実用新案権は無審査で登録されるため権利行使する際には、事前に特許庁に技術評価請求して技術評価書を取得し、その技術評価書を提示して警告する必要があります。

ドラマなので、そこら辺は省略されているのでしょうね。だけど、知財に関わる仕事をしている身としてはいろいろ気になっちゃうLaughing

これも一種の職業病か・・。
↓は、5月の花「すずらん」です。私が2番目に好きな花ですね。どうでもいいですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

実用新案権について知りたい方はこちら

~3Dプリントに挑戦その4~

Posted by ogasawara | Posted in おがさわらブログ, 所員のつぶやき | Posted on 11-04-2014

続きですLaughing
「その3」で基本となる胴体が何となく出来上がりました。
④続いて、バトラくんは羊なので、毛のもこもこ感を出したり、角や耳など、色の違う部分を順に作っていきます。
ここからは、画像で紹介していきます。大まかな流れです。
1.毛のもこもこ感は、引っ張ったり、へこましたり工夫します。
2.角は、ミラー機能(矢印マークのSYMMETRY)で、左右同時に追加します。
3.引き続き、ミラー機能を使える左右対称な部分を作っていきます。とにかく、360°方向から常に確認して、作業を進めます (どんどんパーツが小さくなり作るのも難しくなりますが、頑張りましょう)。
4.左右対称な部分が終わったら、SYMMETRYを解除して、鼻,ベレー帽,土台(今回は、土台も作りました)を作ります。土台は、めんどくさければ、3Dプリント会社に依頼しましょう(有料)。
以上で、モデリングは終了。 って、結構大変でした。最初は、シンプルな物から作るのがいいかもって思いました(汗)
次回は、いよいよペイントです。
お楽しみにぃ~Wink

バックナンバーはこちらから。

~3Dプリントに挑戦その1~
~3Dプリントに挑戦その2~
~3Dプリントに挑戦その3~

 

 

~3Dプリントに挑戦その3~

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 09-04-2014

Smile続きです。
前回、顔や手足などの色が異なる部分は後回しにすると書きました。
それは、何故か・・。ココが今日のポイントです。では、下記をどうぞ。

③続いて、顔の部分を別で作って合体させます。
何となく、形状の作成方法が分かったら、今度は 、色が異なるパーツ
作りです。
※色が異なる部分は、別で作らないと、ペイントする時に、色の境目
がぼやけたりして困ることになります(何か良い方法が他にあるのか
もしれませんが、今のところ分からないのでこの方法でしました)。

画面左上の「NEW SPHRE」で、もう一つオブジェクトを追加
(ADD OBJECT)します。球体が画面に現れますので、合体させます!

このとき、胴体側と重なる部分があまりないようにします。詳しくは、下記サイト内「良くあるエラーについて」をご参照下さい。
http://inter-culture.jp/Create/create_about3d_data.html
このページの、「14.よくあるエラー(シェル)について」をご参照ください。

後は、どんどんパーツを仕上げて行きます。最初は時間がかかると思いますが、気長に行きましょう。
続きはまた次回。今度は、細かいパーツ作りの作成過程を紹介します。

では、またWink

バックナンバーはこちらから。
~3Dプリントに挑戦その1~
~3Dプリントに挑戦その2~

~3Dプリントに挑戦その2~

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 27-03-2014

前回の続きです。

では、まず、無料のソフト「スカルプトリス」をダウンロードするところから始めましょう。

①スカルプトリス(無料)は下記サイトからダウンロードできます。

http://oakcorp.net/zbrush/sculptris/index.php

画面操作方法は、今回私もお世話になった3Dプリントサービス会社「インターカルチャー」さんの、下記ブログで紹介されていますのでどうぞ。

http://inter-culture.jp/library/3d_modeling/soft/sculptris02.html

ひとまず、いろいろ触って、機能を理解しましょう。

②上記サイト等を参照して、一通りの機能が分かったら、早速開始しましょう。

まず、真ん中にある球体をこねて、胴体と頭を作っていきます。

ここで、まず大変なのが、3Dであることを意識して作ること。平面にしか馴染みのないヒトにとってはこれが大変。マウスでオブジェクトをクルクル回しながら、全方位から見て、作るのです。バトラくんのように、基本、左右対称な造りの物は、ミラー機能(矢印マークのSYMMETRY)を使うと便利です。

胴体と頭を何となく形にしていきます。顔や手足など、色が異なる部分は後回しです。何故後回しなのかは次回。今回はココまでです。続きはまた今度です、お楽しみに☆

バックナンバーはこちらから。
~3Dプリントに挑戦その1~

 

~3Dプリントに挑戦その1~

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 13-03-2014

~3Dプリントに挑戦~

無料のソフト、スカルプトリス&ブレンダーを使って。

特許事務所をもっと身近に感じてもらいたいとの願いから、弊所キャラクターが生まれ、今回は、そのキャラクターを3Dプリントで作成してみることとなりました。その作成過程をちょっとずつ紹介していきます。 まだ、分からなことが多く残されたまま(結局よく分からないまま)、ひとまず完成にこぎつけた感じですので、あしからず・・・。

仕事の合間にささっと作った感じなので・・・、文章中の用語とか間違ってたらすみません。

今回挑戦するのは、弊所キャラクターである「バトラくん(弊所登録商標)」です。最終的に、フルカラーの石膏にするため、色付きにします。

完成品

次回から、作成手順を徐々にアップしていきますので、お楽しみに☆

悲しいときぃ~。゚(゚´Д`゚)゚。-3Dプリント用データ作成悲話-(所員Tのつぶやき)

Posted by ogasawara | Posted in 所員のつぶやき | Posted on 19-12-2013

時間を見つけては、せっせと作成してきたバトラくんの3D画像。実は、前回のブログに投稿した後、3Dプリントサービス会社から、サイズが小さすぎる箇所があり制作不可との連絡が・・・。サイズ変更すべく試行錯誤を繰り返すも、まだ小さいとの連絡を受けるばかりΣ(*ノ´>ω<。`)ノ アチャー

さすがに大忙しのこの時期にはもう空き時間を見つけることもできなくなり、年内の作業は諦めることになりました(涙)。というわけで、来年こそは・・。

どなたか、スカルプトリスでのサイズ設定方法ご存じないですかぁ—————!!

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.