動的(動きの)商標~新しいタイプの商標その3~

Posted by ogasawara | Posted in 商標法 | Posted on 08-07-2013

匂い、音に続き、今回は動的(動きの)商標についてです。Smile

動的商標といってもイマイチぴんと来ない方も多いと思います。

動的商標とは、MGM映画のライオンが吼えるオープニング動画など視認される態様が自ら変化していく商標です。

実際に登録に至っている例を挙げると、アメリカの映画会社である「20世紀フォックス社」の映画の本編が始まる前にサーチライトがぐるりと動いて、「20th CENTURY FOX」の文字や夜空を照らすあの一連の動きです(米国登録第1928423号)。

もう一つ例を挙げると、大手電気通信機器メーカーで、携帯電話で有名な「ノキアコーポレーション」の携帯電話起動時に音楽と共に表示される「握手」の動きです(欧州共同体商標登録第3429909号)。日本ではノキアの携帯は余り普及していない様なので、知らない方も多いかもしれません。

上記2社の登録例にある通り、実際に出願する際には、米国では、動く商標を最大5図までの図面によって,表現することができます。要するに、ぱらぱら漫画のような表現方法がとられています。

ん~、なるほど・・・・?という感じでしょうか。日本で思いつくものといえば・・、これも映画関連ですが、東映株式会社のオープニングとか・・。3つの岩に荒波が打ち寄せる風景をバックに、東映のロゴがゆっくりアップになる、これは登録できるんじゃないでしょうか?3つの岩は、東映の前身である東京映画配給、太泉映画、東横映画の3社の統合と結束をイメージしており、社内での正式な呼び名は「荒磯に波」だそうです(ちなみに、撮影は千葉県だそう。)。

日本での文字やロゴでの商標登録は済ませてあるようですが、今後日本でも動的商標が導入された際には、ぜひ出願されることをお勧めしたいです。どうでしょうか、東映さん・・!?Wink

商標登録ステーションはこちら

商標登録にはいくらかかるの?

商標登録までの流れは?

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.