知的財産セミナー 於 東予高校

Posted by ogasawara | Posted in 特許法 | Posted on 18-12-2012

本年度も開催されている高校生向け知的財産セミナー。本日は、東予高校で、東京と名古屋から弁理士が1名ずつ、愛媛から私、愛媛県職員1名の計4名で担当。先ほど事務所に戻りましてこの記事を書いています。

私のセクションでは、特許の事例を紹介しました。特許発明は、円筒形の容器の上下にコップ状の蓋を形成した詰め替え保存用容器。複雑な発明だけが特許になるのではなく、社会に新たな価値を提供できるものであれば、シンプルな発明でも特許になり得ることをお話ししました。クライアントさんには、快くご了解を戴き、プロトタイプまでお貸しくださいまして本当に感謝!ですm(_ _)m

この「詰め替え保存用容器」、瓶の底にも蓋を取り付けた上下に蓋を有する瓶は既に知られていたのですが、その瓶は、瓶の底に固まった蜂蜜をひっくり返してホジホジするためのもので、蓋が移し替え機能を有さないコップ状ではなかったので、上下にコップ状の蓋を備えることを発明の必須の構成として記載することで特許に至りました。

どのように使用するかと言えば、内容物を詰め替えるときは、大抵、容器の底に最初に入れた古い内容物が残っているものですよね。その上に新しい内容物を入れていくと、底にはいつまでも古い内容物が残ってしまいます。この「詰め替え保存用容器」は、古い内容物の上から新しい内容物を入れ、上下をひっくり返します。ただそれだけ!

そうすると常に上に古い内容物が来るので、別途用意した容器に移し替えることなく、簡単に古い順に使用することができるというわけです。底の蓋がコップ状なので、内容物が残った底の蓋を外して、容器の上下をひっくり返し、取り外した蓋に残っている内容物を容器に入れるとともにその蓋を取り付けることでも同じ効果(先入れ先出し)が得られますね。

シンプルな発明でしたので分かりやすかったのか、生徒さんには、概ね興味をもって聴いて戴いた印象です。感謝(^^)/

 

 

 

 

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.