知的財産権の授業

Posted by ogasawara | Posted in 所長のつぶやき, 特許法 | Posted on 12-11-2014

昨日の知的財産権の授業にこの2つの本が役に立ちました。

1836848_603300459775657_3425977530647851402_o

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の授業のテーマは、「特許を受けることができる者」。職務発明の「相当の対価」が話題となった10年位前の中村裁判をメインに話しました。
それを踏まえて、「相当の対価」に関連してどのように特許法が改正されたか、そして今の改正議論という流れ。

「相当の対価」が争われた所謂404特許。「量産においては必要とされない技術」であるとして和解後に権利放棄されたことはあまり知られていませんね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/404%E7%89%B9%E8%A8%B1

中村修二氏がノーベル物理学賞を受賞されたためか、珍しく学生も興味津々といった感じ。でも、この事実はちょっとショックだったようです。

404特許の内容はこちら。
http://ogasa-pat.com/home/image/JPB_0002628404.pdf

 

 

| HOME | 取扱い業務 | 料金について | 弁理士紹介 | よくある質問 | 事務所概要 | 書類ダウンロード | リンク集 | プライバシーポリシー | サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ |



資料請求・お問い合わせ

小笠原国際特許事務所 ☎0896-72-6100 

〒799-0403愛媛県四国中央市三島朝日3-1-48
Copyright Ogasawara international patent office All Rights Reserved.